麻布の手作り酵素教室

Just another WordPress site

*

酵素って何、何が良いの その一

   


0IMG_5504-w640

巷でよく聞く酵素なんですが、そもそも酵素って何?という疑問がありまよね。
酵素というのは学問的には化学反応を促進させる特別なタンパク質のことんなんすが、巷で皆さんがいう酵素はそれが入っている飲料のことです。

巷では酵素というと栄養ドリンクだったり痩せ薬のように思われていますが、酵素そのものは痩せ薬でも栄養ドリンクでもありせん。ドリンクと酵素は一旦区別して考えましょう。

まずここでは特殊なタンパク質としての酵素についてお話ます。

(1)酵素は生きる力
酵素は生きる力です。人間を含む全ての生き物は酵素の力で生きています。酵素を自分で作り出すのですが、その力が無くなると死を迎えます。全ての生き物はエネルギーを得るために何かしらの化学反応を行っています。人でいうと呼吸ですね。酸素を吸って糖や脂肪などを燃やしてそこから出てくるエネルギーを使って行動したり考えたりしています。
日常で物質からエネルギーを取り出す時は火を付けますね。ガスコンロを思い出してください。酸素と都市ガスを反応されると炎と熱がでます。そのエネルギーを使って湯を沸かしたりご飯を炊いたりしています。ようするに物質が持っているエネルギーを化学反応でとりだしたということなんですね。体の中では炎がでるようなそんなに激しい反応ではありませんが、理屈としては同じように化学反応を使ってエネルギーを取り出しているんです。その化学反応を引き起こしているのが酵素です。酵素が無ければ人は歩くとも考えることもできないんですよ。
また、体の中の化学反応はとても沢山の種類があります。化学反応の種類の数だけ酵素の種類はあります。ここが大切なポイントで、糖を燃やしてエネルギーを作るときにも沢山の種類の化学反応を経ているので沢山の種類の酵素が関わっているのです。だから一概に酵素があるから健康だというものでもないんですね。今お話した酵素の総称を代謝酵素といいます。

また、食べたものを使える形にするために小さく分解するときも酵素が使われています。体を構成しているのはタンパク質です。たがらタンパク質を食べなさいということになるのですが、タンパク質を食べてもそれがそのまま体になるのではありません。タンパク質の分子はとっても大きいので、腸の穴を通ることができません。ですからタンパク質を分解してアミノ酸という分子構造の小さいものにします。そこで初めて腸の穴から入ってきてくれるのです。腸の穴から入ったタンパク質は体の隅々に運ばれて、その場所場所に見合ったタンパク質に合成されるのです。爪を作るところに辿り着けば爪になり、髪の毛
作るところへ行けば髪の毛になり、皮膚に行けば皮膚になるというわけですね。
タンパク質をアミノ酸に分解しているのはタンパク質分解酵素の力です。これが無いと食べたタンパク質はそのままの形で腸内細菌さんの餌になるか、うんちになって排泄とれるかのどちらかですね。
タンパク質を分解る酵素以外にも脂肪を分解する酵素や単数化物を分解する酵素などいろいろな酵素があります。
こういった食べ物を分解する酵素は口、胃、腸で働いています。これらの酵素の総称を消化酵素といいます。

(2)代謝酵素と消化酵素
代謝酵素と消化酵素の違いにはもう一つ重要な側面があります。代謝酵素は体の内で働き、消化酵素は体の外で働きます。人はいうなればホースのような生き物です。ホースの穴はホースの内ではなくてホースの外であり、ホースの内とはホースの肉の部分と考えてください。人間は口から肛門まではホースの穴であって、ホースの外と考えることができます。このホースの穴の中で働く酵素が消化酵素です。対して代謝酵素は腸の内壁の内側、体の皮膚より内側で働く酵素です。

(3)癌をはじめとした病気にならないためには抗酸化の代謝酵素を沢山つくりたい
人の体の活動は全て酵素が担っています。食べたもので体を作るのも、食べたものからエネルギーを作るのも、アルコール分解などの解毒作用も全て代謝酵素が担っています。だから代謝酵素を沢山もっておきたいのですが、今最も注目されている代謝酵素は抗酸化酵素です。SODという言葉を何処かで耳にしたことはありませんか。SODとはスーパーオキシドディスムターゼという抗酸化酵素の略称です。SODなどの抗酸化酵素は体の中で不要な活性酸素を除去する酵素です。

活性酸素は癌をはじめとした様々な病気と老化現象の引き金になる物質です。不要な活性酸素を全て除去できれば人は若々しく健康でいられる可能性がぐんと高くなります。活性酸素は呼吸のエラーとして生産されます。エラーを無くすことはできませんから人はいつも活性酸素を出しています。激しい運動をするとエラーも多くなり過剰に生産されます。また化学物質が体に侵入した時も沢山の活性酸素ができます。この時は体がわざと作りだします。活性酸素は化学物質を錆びさせて無害化してくれるんです。

活性酸素は他の物質を錆びさせるわけですが、自分の体も錆びさせます。現代人は化学薬品に囲まれて生きていますから活性酸素が体の中に過剰になってます。それをSODで除去しなければいけないんですが追いつかないんです。
だから抗酸化の代謝酵素を沢山作りたいんです。

続きはまた今度。

 - 未分類